Canon SX730 HSレビュー!口コミ、評価、夜景、価格やスペックも調査!

こんにちは!Camera Thingsです。

デジカメってホントにたくさんの機種がありますよね。探せば探すほど出てきます。

Amazonなんかだと、現行機種以外も豊富に在庫がありますから、選びだしたらキリがないです。

でも、きっとそのなかに自分にピッタリのカメラがあるはずなんですよね…

コンデジ探しに疲れ果てたワシントン州のジョージ

最近Nikon A900というコンデジを買ってね。喜んで使っていたんだ。

すると、友人のワトソンが自分もコンデジが欲しいと言いだしてね。

しかも、もっと望遠がきくモノが欲しいらしいんだ。

ジョージったら…

ワトソンにコンデジ選びを頼まれて、パソコンにかじりついっちゃってるんだから。

妻のナタリー

今回はそんなコンデジ選びに困っている人にCanon PowerShot SX730 HSを紹介したいと思います。

この記事はCanon PowerShot SX730 HSの情報を広く集めて、取捨選択し、カメラマンとしても活動する筆者の意見を交えながら、SX730 HSについて「どこよりもわかりやすく」を目標にまとめたものです。

「カメラの知識がない方にはわかりやすく、カメラに詳しい方にはより納得がいくように」をテーマにスペックや各機能、SX730 HSが得意なシーンや最終的にどんな人にオススメかも書いていきます。

少し長いですがが、ぜひ最後までご覧ください

まずは簡単に…Canon PowerShot SX730 HSってどんなカメラ?

SX730 HSは2017年5月に発売されました。

カラーはブラックとシルバーのラインナップです。

価格は2018年9月23日現在でAmazonで¥32880で販売されていますね。

今月の売上は全メーカー含めたコンデジメインの部門で20位です。(ともに価格.COM調べ)

ランキングはそこそこですが、秘めた実力はかなりのものです。

それというのも、このカメラは同価格帯のライバルにはない特徴を持っているからです。

ジョージ

20位か。ワタシが持っているNikon A900の方が人気機種だね。

でもほかにはない特徴っていうのは気になるな…

ここでメーカーによるSX730 HSの紹介動画を見てみましょう。

この短い動画にSX730 HSの魅力がしっかり詰まっています。

TIPS

カメラ選びに迷ったら、気になったカメラのメーカー紹介動画は必ず見ておきましょう。

そのカメラの「ウリ」にスポットを当てた動画を見ると、どんな使い道を想定してそのカメラが作られたかがわかります。

その結果、スペック表をにらめっこするより、そのカメラが自分に必要かスッと判断できることがあります。

次にメーカーによる紹介文を見てみましょう。

小型ボディーに光学40倍ズームを搭載しながらも、さらなる多機能化を達成。チルト液晶を使った自分撮りをはじめ、肌をなめらかな印象に仕上げる美肌モード、Bluetoothによるスマホとの連携など、写真をもっと楽しめる機能を搭載しています。

引用元:Canon オンラインショップ

この文章から、メーカーの考えるPowerShot SX730 HSのセールスポイントは「40倍ズーム」、「チルト式液晶モニター」、「美肌モード」、「bluetooth」の4点だとわかりますね。

Canon PowerShot SX730 HSのカタログスペックを見てみよう

次にスペックからSX730 HSの魅力に迫っていきましょう。

細かいスペックに興味のない方、知る必要のない方は読みとばしてくださいね。

以下がCanon PowerShot SX730 HSのカタログスペック一覧表です。

ライバル機種に比べて特に優れている項目は赤字にしています。

①有効画素数 2030万画素(画像処理で減少することがあります)
②センサー 1/2.3型高感度CMOS(裏面照射型)
③レンズ・ズーム 11群13枚(両面非球面レンズ2枚、片面非球面レンズ1枚、Hi-UDレンズ1枚、UDレンズ3枚)/光学40倍ズーム
④焦点距離 24mm-960mm
⑤開放F値 F3.3-F6.9
⑥シャッタースピード 1~1/3200秒
⑦連写 通常:約5.9枚/秒
⑧ISO オート、ISO80-3200
⑨ファインダー なし
⑩最短撮影距離(レンズ先端から) 最広角時1cm、最望遠時2m
⑪内蔵フラッシュ あり
⑫動画 フルハイビジョン:1920×1080(60fps:約35Mbps/30fps:約24Mbps)
⑬RAW撮影 不可
⑭撮影モード P、A、S、M、その他
⑮バッテリー充電時間 約130分
⑯サイズ(幅×高さ×奥行き) 110.1 × 63.8 × 39.9mm
⑰重さ 約300(バッテリーおよびメモリーカード含む)
⑱画面(液晶)サイズ等 3.0型TFTカラー液晶(約92.2万ドット)、視野率:約100%、チルトタイプ
⑲チルト液晶/バリアングル液晶 チルト(上に跳ね上げのみ)

SX730 HSの最大の魅力は焦点距離でしょう。

光学40倍ズームによって35mm判換算で望遠側が960mmを実現しています。

TIPS

光学40倍ズームの「光学ズーム」とはレンズを実際に動かして望遠を実現させる技術で、画質が劣化しません。

反対にデジタルズームはレンズを動かさず、センサーに映った画像を拡大して、望遠で撮影しているように見せる技術で、画質が劣化します。

スマホのカメラでズームすると画質が荒くなるのはデジタルズームによって画像を拡大しているからです。

光学40倍でいわゆる「コンデジ」のサイズを実現しているのはCanon PowerShot SX700番台だけでしょう。

SX730 HSは前モデルのSX720 HSと後継機種のSX740 HSがあります。どちらも光学40倍ズームを搭載していますので、光学40倍はCanon PowerShot SX700番台3兄弟のトレードマークといえるでしょう。

さらに、「プログレッシブファインズーム」というデジタルズーム機能もSX700番台3兄弟には搭載されています。

これはデジタルズームですが、画質の劣化がほとんどなくズームできるという機能で、光学ズームとプログレッシブファインズームを併用すれば、80倍まで画質の劣化を感じることなく被写体を引き寄せることができます。

ジョージ

望遠がA900よりも優れているのか。

これはワトソンにぴったりのカメラかもしれない!

焦点距離はA900に勝っていますが、負けている点もあります。

まず、SX730 HSは4K動画が撮影できません。それからチルト液晶ですが、上方向にチルトするだけなので自撮りとローアングル撮影には対応していますが、ハイアングル撮影には基本的に対応していません。(カメラを逆さに持てば像が逆になりますが、一応対応できます。)

SX730 HSの機能を見てみよう

次にSX730 HSの機能に迫っていきます。

以下がSX730 HSの機能一覧表です。

ここでも同価格帯のライバル機種に比べて優れている項目は赤字にしています。

①手ブレ補正機能
②タッチパネル ✖️
③Wi-Fi
④NFC
⑤bluetooth
⑥防水/防塵防滴 ✖️
⑦GPS内蔵 ✖️
⑧パノラマ撮影 ✖️
⑨美肌モード
⑩スマホを利用したリモート撮影
⑪マニュアルフォーカスに切り替え
⑫各種エフェクト

この価格帯で通信系の機能であるWi-Fi、bluetooth、NFCがすべて搭載されているのはNikon A900とこのSX730 HSぐらいだと思います。

3つの機能を以下に簡単にまとめてみました。(詳細はCanon公式SX730 HSページをご覧ください)

3つの通信機能

Wi-Fi→スマホやPCへ無線で画像転送、リモート撮影

bluetooth→カメラとスマホ等を常時接続して画像確認、転送等(CanonではCamera Connectというアプリをインストールして使用)

NFC→NFCを搭載したスマホ等にワンタッチでWi-Fiを繋げられる

SNSにガンガン写真をアップするという人にはbluetoothは嬉しい機能かもしれませんね。逆にそうでもないならWi-Fiだけでも十分かもしれません。

さて、次章からはSX730 HSを4つの要素に分けて、使用者レビューを交えながらそのポテンシャルに迫っていきます。

Canon PowerShot SX730 HSをレビュー

1.  Canon PowerShot SX730 HSの画質

画質に直結するスペックといえばセンサーの大きさです。

SX730 HSでは1/2.3型のCMOSを使用しています。これは最近のコンデジの主流のサイズのセンサーですね。横5.9mm、縦4.4mmの大きさです。小指の爪より小さいかもしれません。

TIPS

巷でよくいう「フルサイズ」というのはこのセンサーサイズが35mフィルム(昔からあるあのフィルムカメラのフィルム)と同じ大きさのカメラをいいます。横3.6cm、縦2.4cmの長方形ですね。

ちなみにコンデジにもこのフルサイズのセンサーを搭載しているモデルがあります。それはSONY RX1RM2というカメラです。お値段30万円以上もする高級機です。

ジョージ

ワタシのA900と同じセンサーサイズだね。

特に画質に文句はないよ。おそらく、ワトソンそうだろう。

・綺麗にうつります。プロなみ。操作も簡単つかいやすく機能も充実しています。おすすめ

・非の打ち所がない商品です。望遠がすごくて私の想像以上でした。
・光学ズーム40倍ということで、画質・倍率共にかなり期待してましたが。
試しに近所の風景を最高画質で撮り、PCで中身を確認すると思っていたより画質は低かったです。

引用:Amazon カスタマーレビュー

画質に関しては意見が分かれていました。

やはり一眼レフや上位機を使い慣れている人には物足りない画質に感じるのかなという印象です。

スマホからステップアップで購入する場合は、画質というよりも望遠や操作性の向上という意識で購入されるほうがいいかもしれませんね。

また、センサーサイズがほとんど変わらない場合は、夜間または暗い場所での撮影はズームを抜きにして考えると、f値の小さいレンズを搭載するスマホに軍配が上がるともいえます。

2.  Canon PowerShot SX730 HSの操作性・携帯性

さて、次はコンデジの存在意義ともいえる操作性、携帯性です。

ダイヤル類はかなりシンプルなつくりだと思います。上部にはボタンが2つ、ダイヤルが2つです。

右側のダイヤルで撮影モード、左側のダイヤルでズームをコントロールします。背面には「コントローラーホイール」がついていて、各種設定を指先でコントロールできるようです。

ボタンをポチポチ押すよりホイールを回す方が断然扱いやすいですよね。露出補正や画像再生時は特に重宝しそうです。

・AUTOモードで撮影中ズームした時ピントが合うのが遅い。動画撮影中もピントが動く!
引用:Amazon カスタマーレビュー
動体撮影時や動画撮影時、暗所撮影時のピントの甘さ、遅さが気になるという声がありました。
これに関しては、端的にしょうがないと思ったほうがいいでしょう。なぜなら、コンデジ高級機やミラーレス一眼においてもこの問題はしばしば言及される問題だからです。
大きさ、重さについては好意的なレビューが多かったですね。
・ちょっと持ちにくかったけど物としては十分ですね。ズームでの画面調整も早くて良かったです。
・従来の使っていたコンデジが壊れたための購入です。
外観はちょっと大きめですが、その分操作がしやすく感じています。
・本当は、口コミ評価の高い上位モデルが欲しかったのですが値段で妥協。
なかなか使い勝手がいいのですが、ストラップがワンハンドルなので首に下げると意外と重いのが首だけにネック。

・コンパクトデジカメとしては大きいほうです。機能は十分でした。

引用:Amazon カスタマーレビュー

3.  Canon PowerShot SX730 HSの機能

SX730 HSは望遠に力を入れているモデルなだけに「フレーミングアシスト」という素晴らしい機能を搭載しています。

背面に専用のボタンがついていて、望遠時に対象物を見失ったときに、撮影される画角をそのままに、一旦ズームを戻して対象物の周囲も液晶で確認できるという機能ですね。ほかにも迫ってくる被写体の顔を認識して、自動でズームイン、ズームアウトして顔のサイズを一定に保ってくれたりもします。(詳しくは公式ページをご覧ください。)

チルト液晶(もしくはバリアングル液晶)はもはやデジカメの必須機能といえますね。SX730 HSのチルトは上方向だけですが、満足して使っている人が多いようですね。

・チルト液晶の何がいいかというと、子供の視線が集まること。
画面を前に向けて写りが見えるようにしてやると、
黙っていても視線が来ますし表情も断然変わります。
そのかわり、撮影者はノーファインダーで撮ることになります。
50cmの距離から広角端の横位置で撮ればバストアップぐらいで入ります。

引用:Amazon カスタマーレビュー

通信系機能のレビューもありました。

・ブルートゥースにも対応していて最初に1回設定すればボタンを押すだけで接続されるので
前作よりスマートフォンとの接続がやり易くなりました。(前作は転送の度に手動で接続しないと駄目)

引用:Amazon カスタマーレビュー

前モデルのSX720 HSにはbluetooth機能がなかったので、そこは明確なSX730 HSのメリットですね。チルト液晶もそうです。

SX720と迷ったのですが、チルト式の液晶モニター装備ですのでこちらを選びました。
重さはさほど気になりませんが、ダイヤルがやたら固過ぎるのがとても気になった。(ガチガチ回しているうちに壊れてしまいそう…)
SX710やSX720と同じ様にダイヤルは上面より背面にあった方がカメラ機能を親指1本での切替やすかったんじゃないか?と不満が残ります。
あとチルト式の液晶モニターが魅力でSX720よりこちらを選んだものの、やはりチルトよりバリアングルの方がアレコレ使い勝手が良いので星は3つまで下げました。
安価なSX720で充分だったかもしれない、、、

引用:ヨドバシカメラレビュー

逆にいえばチルト液晶とbluetooth機能がいらないという人は、SX720 HSを視野に入れてもいいかもしれません。

ジョージ

なるほど。ワトソンはSNSや自撮りには縁がないだろうな。

そうなるとbluetoothやチルト液晶はいらないような気がする…

だったらワトソンはSX720 HSでいいかもしれないわね。

妻のナタリー

4.  Canon PowerShot SX730 HSのシーン別レビュー

カメラ買うときに自分が使う用途を想定することは重要です。

SX730 HSが得意なシーン、また不得意なシーンはどんな場面でしょうか?

想定される主要な撮影シーンを表にしてまとめてみました。(◎=大活躍、◯=そこそこ活躍、△=困るけど撮影できないこともない、✖️=多分、全然撮影できない、の4段階です。)

運動会
スポーツ(野球等)
夜景
月、星
花火
マクロ
旅行
ポートレート
ボケの表現力
タイムラプス
室内

離陸する飛行機や、自然界の動物を遠くから狙うシーン等、高倍率がモノをいうシーンはSX730 HSのもっとも得意とする分野でしょう。

同じ場所から撮影した写真を周りの人と比べたら、びっくりされると思いますよ。

基本性能が高いのでほかにもソツなく色々な場面で活躍してくれると思います。

ボケの表現力に関していえば、あまり期待はできないと思います。スマホのカメラでボケがあまり得られなかったからステップアップを考えている人は、この機種はパスしたほうが無難でしょう。

TIPS
大きく美しいボケというのは基本的にセンサーサイズが大きく、レンズのf値が小さいカメラが得意としている分野です。

また、望遠機能が優れていれば、それも大きなボケを得る一助にはなります。

ただし、ボケを楽しむためにカメラを買いたいという人は、迷わずセンサーサイズとレンズのf値に注目してカメラを選んでみてください。

・月の写真が綺麗に撮れるというのは本当でした。しかもフルオートで撮れました。もちろん他の物もたいがい綺麗にズーム撮影出来ます。手ブレは気をつけないといけませんが、満足いく写真が簡単に撮影出来ます。

・マクロも望遠も強い。暗所での高感度撮影も綺麗です。

・さすがCANONの製品です。★ひとつ減らした理由は、フォーカスの甘さが時々あるような気がしたからです。
特に、樹木の中に佇んでいる野鳥を写そうとすると満足いく写真が撮れないですね。
普通の用途においては、十分です。
極端に暗い場所でなければ、フラッシュなしでかなりいけます。

引用:Amazon カスタマーレビュー

個人的には、このクラスのコンデジは暗所での撮影は少し画質が気になる人も出てくるかと思います。

また望遠をフルに活かした撮影も、手ぶれ補正だけではブレ対策が心もとないかと思います。

そういう時は三脚や一脚の購入を考えてみてください。

ジョージ

ワトソンはスポーツ観戦が唯一の趣味だからね。

これだけの望遠能力があれば、どんなスポーツだって撮影できるはずだ!

あとでワトソンに電話してみたら?いいカメラが見つかったって早く教えてあげたらいいわね。

妻のナタリー

Camera Things的Canon PowerShot SX730 HS最終レビュー

Canon PowerShot SX730 HSの評価
画質
(3.0)
操作性・携帯性
(4.0)
機能性
(4.0)
汎用性
(4.0)
コストパフォーマンス
(4.0)

SX730 HSをひとことでいうと「最強の望遠性を備えつつ、オールマイティに使える有能コンデジ」だと思います。

4K動画が撮れない、チルトが上方向のみという制限もありますが、カメラに高い望遠性を求めている人にとっては最強の相棒になってくれると思います。

前モデルのSX720 HSと後継モデルのSX740 HSもありますから、自分に必要な機能をよく考えて、財布とも相談しながら、どのモデルを購入するといいかよく考えてみてください。以下にかんたんに3つの兄弟モデルの違いをまとめておきます。

SX720 HS SX730 HS SX740 HS
画像処理エンジン DIGIC6 DIGIC6 DIGIC8(DIGIC6から基本性能の向上)
4K動画 ✖️ ✖️
手ぶれ補正 3.0段 3.0段 3.5段
bluetooth ✖️
液晶モニター 固定 チルト(上方180のみ) チルト(上方180のみ)
NFC ✖️
カラー ブラック、レッド ブラック、シルバー ブラック、シルバー
Amazonでの値段(2018/10月時点) ¥24,654 ¥32,880 ¥45,980

ほかにもサイズや重量、連写性能等も少しずつ異なりますが、概ね重要な点はこのような感じです。

ジョージ

よし、きっとワトソンはCanon PowerShot SXシリーズを気にいるだろう。ちょっと今から電話してみようか…

Canon PowerShot SX730 HSをオススメしたい人

Camera Thingsが考えるSX730 HSをオススメしたい人を簡単にまとめてみました。

Canon PowerShot SX730 HSをオススメしたい人

①スマホのカメラからステップアップで、望遠を特に重視する人

 

②よく自撮りをしてSNSに写真を頻繁にUPする人

 

③NikonよりCanon派で、一眼レフのサブとしてコンデジを探している人

さらにいうと、自撮りをしないならSX720 HSがいいし、4K動画を撮りたいならSX740 HSか、NikonのA900を検討するといいかもしれませんね。

また写真編集ソフトを利用して作品づくりをしたい、または今後するかもしれないと考えている人はSXシリーズは避けたほうがいいかもしれません。

その理由は、撮影データの保存形式がJPEGだけで、RAWで撮影することができないからです。

編集ソフトでデータをいじるときはRAWデータの方が圧倒的にできることが多いです。実際、プロカメラマンや作品づくりをする人の多くは、RAWで撮影できるカメラを利用しています。

最後に

ここまで読んできて、SX730 HS がどんなカメラなのかわかっていただけましたか?

もしあなたのカメラ選びの手助けになれたのなら、こんなに嬉しいことはないです。

ん…もしもし。

ワトソン

ジョージ

やあ、ワトソン!

君にピッタリのカメラが見つかったよ。毎週末、スポーツ観戦に行く君にピッタリのカメラだ。

本当かい?そいつはありがたい。今週末はひいきの野球チームの試合があるんだ。その試合の前にぜひとも手に入れたいな!
試合の前にでも買いに行けたら最高なんだが、一緒に付いてきてくれないか?

ワトソン

ジョージ

いいとも!きっときみは気に入ると思うよ。なにせ、どれだけ遠くにいる選手の顔も写せる最高のカメラだからね。
ありがとう、ジョージ!
キミにカメラ探しを頼んでおいて本当によかったよ!

ワトソン

ナタリー

…ジョージったら嬉しそうだわ。でも、今週末はワタシ1人で過ごさなきゃいけないみたい…

でもまあ、しょうがないわね!

SX730 HSを連れて野球観戦に行けば、きっと満足の行く写真がたくさん撮れるでしょう!

長い記事をここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です